先生

おりものの臭いにもう悩まない|女性のコンプレックスをMAX解消

膣縮小を図って緩み改善

悩み

婦人科形成で行なわれる膣縮小手術は、メスを使用する外科手術となります。膣内のッフや粘膜を切除したり、括約筋を狭め膣を狭くするといったことを行ないます。手術中局所麻酔もしくは全身麻酔を使用するのは、術中メスを使うからです。方法や部位によっては、ただ切除するだけでなく切除後に縫合することもあります。この婦人科形成での膣縮小手術は、短時間で終わる簡単な手術であることで有名です。クリニックにもよりますが、大体1時間~1時間半と非常に短いです。費用も40万円前後と、結構手頃な額と言えるでしょう。キャンペーン期間中に受けることで、大幅に値下げされた料金で受けられることもあります。こまめにクリニックのHPをチェックしておくとよいでしょう。

膣のゆるみがもし重度であった場合、膣の奥まで手術する可能性が出てきます。もし膣の奥まで手術を行なうとなった場合、局所麻酔ではなく全身麻酔を注射することもあります。この場合手術時間も手術費用もやや高くなりますが、大きなメリットも得られます。膣縮小における半永久的な効果を得られるのです。ただでさえ効果の高いこの手術ですが、クリニックによっては効果をより高くするためにヒダを作る過程を組み込むこともあります。

膣縮小手術を受ける女性の大半が出産経験のある女性です。出産後膣がゆるんでしまうという女性は案外多く、それが原因で旦那との関係に影響を及ぼすというケースもあります。もしゆるみを感じたり旦那にその旨を言われたりしたら、婦人科形成で膣縮小手術を受けに行きましょう。膣縮小手術は短時間で受けられ、さらに費用面の相談も図れます。きっと満足のいく手術を受けることができるでしょう。